こんにちは。クリアライブの寺田です。

僕は下手の横好きなりに音楽を趣味にしてます。

いつまで経ってもギターひとつ歌ひとつ上手くなりゃしませんけどもね。今までもずーっと趣味でやってきたもんで人前でどうこうするなんてこと考えてこなかったわけです。

とは言いつつも、僕らみたいなすぐに夢見ちゃう男子は、若い頃一度くらいは「音楽で食っていく」的な夢を見たことがあるのではないでしょうか。

例に漏れず僕も思ったことはありますよ。高校くらいの時。ギターの腕前で言ったらやっとFとかBとかが難なく押さえられだした頃です。その状態でプロとか夢見るのなんてね、正直バカですよ。身の程知らずとしか言えない。あの時の自分を今の自分が見たら、泣き笑いしながら赤面することでしょう。

しかしですよ、その恥ずかしい夢を信じて未だに走り続けていたとしたらどうでしょうかね。

いつまで経っても・・・と言う人もいるでしょうし、そこまで頑張り続けられることを賞賛する人もいるかもしれない。

少なくとも、夢を諦めて当たり障りない日々を送って現実を分かったフリをする人よりは数倍マシに見えることもあると思うのです。

自分より何かを頑張っている人をバカにする権利など、ないと思うのです。

そんなことをのたまう僕の友人なのですが、『モイステ』というユニットで活動している人たちがいます。

この人たちはずっと音楽をやり続けていたわけじゃなく、音楽を本気で志し、本気で挫折した人たちですね。

本気で挫折した人って、それにまつわる背景を全部消すみたいです。全てを捨て去ってしまうみたいです。

歳も性別も違う2人が同じ挫折を味わい、それでも同じ夢を目指してもう一度立ち上がった。

それは、『後悔しないために』です。やりきらずに諦めるよりやりきって諦める道を選んだのですね。

30過ぎて何やってんだよって言う人もいるかもしれないけど、僕は単純にその精神に非常に強く感銘を受けます。

何も成さずに妥協で生きるより、自身の夢や野望、現実的に言えばはっきりと目標を持って生きていたい。

それもまた、クリアライブの目指す『生きる』の形です。

『モイステ』同様にクリアライブのこともよろしくお願いいたしますね。

モイステWEBSITE

↑クリックorタップでウェブサイトに飛びます